子育ての心得はあいさつにあるということを忘れてはならない

大切になる「ことば」を ご紹介します。お母さんが子どもに伝えることで、より親子のきずなが強まり、子育てが楽しくなるという「ことば」です。あたたかくふりそそぐ日の光のように、子どもには毎日の生活の中で、たくさんの「ことばのシャワー」をかけていきましょう

人と人とのことばのやりとりで、もっとも簡単にできるのはあいさつです。なかでも、「おはよう」「おやすみ」などは、家族みんなが毎日交わすことば。朝起きて、「まだちょっと眠いな」と思っていても、「おはよう」と声を出すことで体と心が目覚め、一日の始まりを感じることができます。また、「おはよう」という子どもの声と 表情は、お母さんが「今日も元気そう」などと子どもの状態を知るバロメーターにもなるはず。

幼い子どもの場合には、自分から「おはよう」「おやすみ」などとことばにすることはできませんが、お母さんが毎日、生活の節目ごとにくり返し声をかけ続けることで、生活リズムを自然に感じることができるようになります。 「子どもにたくさん話しかけて」といわれても、「何を話せばいいのかわからない」といっていたあるお母さんは、まず「おはよう」「いただきます」「おやすみ」な ど、毎日の簡単なあいさつから、子どもへのことばかけを始めたそうです。

すると、 毎日くり返すうちに、「おはよう」ということばとともに子どもがうれしそうな顔を するようになったり、「いただきます」というお母さんの声とともに、食事の前には 手を合わせるしぐさができるようになったといいます。

自分のことばに子どもが反応してくれると、お母さんもうれしくなって、「さあ、 ご飯をいっしょに食べようね。今日は大好きないちごもあるよ」などと、単なるあい さつとともに、お母さん自身のことばもそえられるようになったとのことです。「やっぱり、あいさつは生活とことばの基本なのね」と実感したといいます。 あいさつは、コミュニケーションのもっとも基本となる「根っこ」です。そして、「おはよう」というたった一つのことばにも、相手のことを大切に思う気持ちを込め ることができるものなのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です